« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月28日 (日)

10/30大フォーラム

1807191030001

1807191030002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「精神病者」解放宣言

自民党衆議院議員の杉田水脈は10/24に記者取材に応じて「生産性のないLGBTに税金をつぎ込むな」という「新潮45」での発言は趣旨は正しいが言い方がまずかっただけだという居直り行いました。それを聞いて、社会の主流派は「生産性の無い」しょうがい者には税金を注ぎ込むのは止めにすることを決断していて、ナチスのように誰の目に見える形でやるのは世論対策上うまい方法ではないと総括しているのだなと思いました。自民党の執行部が杉田の居直りを承認したことは明らかだからです。見えにくく地域社会から排除し、施設と精神病院に集めて税を最小限化して行くことを基本政策としているのです。精神しょうがい者を病院での隔離・拘束を強化する一方で、地域社会の中では薬剤資本の食い物として管理・監督する、そこに警察官を監督者として配置する。そんな社会にしていくということなのです。今までと同じですが、インクルーシブ、社会参加とか医療モデルではなく社会モデルでとか言う浮ついた平等主義の流行りなんかは闇に葬る宣言なのです。

入管政策の外国人労働者導入案のように人間には2種類あること、富を独占しおこぼれに預かり旨味を吸う人間と、人権の一切ない、憲法の埒外の人間の2種類に分けること、そういう意味で社会を2分することを決断し実行しようとしているのです。立憲民主党が入管政策に関して「移民を認めるのか」と差別排外主義丸出しの主張をしていることは、彼らもまたバリケードの向こう側、社会の主流派の側にいることを示しています。労組の親玉の「連合」というものが差別排外主義丸出しの主張をしているのだから労働者とやらが革命主体だという説も怪しいものです。資本家のおこぼれに預かる労働者が「連合」には多いからです。真の無産者たる労働者こそ団結せねばならぬのです。

鉄鎖以外に失なう物のない階級というのは「生産性の無い」「税金」さえも注ぎ込む価値がないとされた我らしょうがい者らに置いて他にはありません。社会から根底的に否定され、社会を根底から爆破するダイナマイトたる我らしょうがい者。しょうがい者こそが社会にのさばり、排除と抹殺の攻撃を嘲笑い、真の無産者たる労働者、外国人を糾合し、社会の主流派を根底的に転覆する革命を準備するのです。主流派と言っても自民党に投票しているのは有権者人口の17%に過ぎません。これを寡占独裁と言わずに何と言いましょう。

アナキストやラッダイトの激しさを今こそ我らしょうがい者が獲得せずに何としましょう。パリコミューンや1917年革命の根底性を今こそ我らしょうがい者が示す時ではないのでしょうか。

杉田水脈、麻生太郎、安倍晋三、彼らこそが我らの行く道を照らしてくれているのです。憎しみを糧とし、牙を抜かれ体制迎合する収容所の監督者たる「カポ」となることを拒否し、そういう連中をも打倒の対象とするのです。

無産者革命の旗を高く掲げ、我らしょうがい者こそが社会革命の主人公として今こそ登場しましょう。古いフレーズですが「失なう物は鉄鎖のみ、獲得するのは全世界」なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

10/18「それはホロコーストのリハーサルだった」の試写会

11月11日に上映するNHKEテレ制作の「それはホロコーストのリハーサルだった」の試写会を行います。会場は南塚口地域学習館です。阪急塚口駅から南東に徒歩7分くらいの所。森公園の東側です。10月18日()19時から。地図は下のとおりです。11月11日の集会までに一度観ておきたいという方、また11日は都合が悪いという方も、ぜひお出でください。参加費は100円です。ビデオ上映と簡単な説明だけです。ビデオに聴覚しょうがい者向けの字幕が出ます。申し訳ありませんが手話通訳はありません。また施設はバリアフリーではありません。

ナチスの障害者殺害計画「T4作戦」の現場をJD日本障害者協議会代表、きょうされん専務理事の視覚障害者の藤井克徳さんが歩きます。当時の映像も豊富です。何が行われ、誰が障害者らを殺害したのか。ナチスだけの責任にしていいのか。国民はどう思っていたのか。藤井さんの「戦争が始まる前に最初に障害者が攻撃された」という言葉は印象的です。まずは事実を知りましょう。

 

https://goo.gl/maps/HSA7n6rtUew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

11/11「ナチスのT4作戦を観る―ビデオ上映とお話し」

11/11「ナチスのT4作戦を観る―ビデオ上映とお話し」へのお誘い

 

  【連絡先:090-3054-0947gen1951@nifty.com

 

私たち、尼崎のしょうがい者、しょうがい者の親、支援者で作る実行委員会は、11月11日「ナチスのT4作戦を観る―ビデオ上映とお話し」の集いを持つことにしました。NHKEテレが2015年に制作した「それはホロコーストのリハーサルだった~障害者虐殺70年目の真実」を上映し、三田障害者監禁事件について吉田みちさん(自立生活センター三田代表)のお話を伺い、自由な討論を行います。

 

「それはホロコーストのリハーサルだった」は、ナチスのしょうがい者殺害計画であるT4作戦の現場を藤井克徳さん(日本障害者協議会代表、きょうされん専務理事)が歩くドキュメンタリーです。当時の映像が豊富に出てきます。1時間のものです。

 

それが決して過去のことではなく現在まで、戦後から1996年まで日本で行われていた強制不妊手術(優生保護法)、そして2016年7・26の相模原しょうがい者19人殺害・職員を含め26人重軽傷事件、繰り返されるしょうがい者虐待事件などに繋がっています。

 

その実態を三田障害者監禁事件について思うことをお聞きする中から探っていきたいと思います。

 

 

 

今、現職の副総理(麻生太郎)が「ナチスの手口に学べばいい」と公言して何の罰も受けないという社会になっています。衆議院議員杉田水脈は「生産性のない人間に公費を使うな」と確信に満ちて発言し、沖縄では民意は圧殺され、えん罪事件(袴田事件など)では裁判所まで検察に加担し、憲法まで戦争法に変えられようとする時代になっています。

 

ドイツで反ナチス抵抗運動を行っていたニーメラー牧師の有名な言葉・・・

 

「ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから。社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義者ではなかったから。彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから。そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった」

 

しかし、ナチスが1933年政権を取るのと同じ年にしょうがい者らに対する強制断種を行う法律を作り40万人に強制しました(ドイツ精神医学精神療法神経学会)。39年第2次世界大戦の開戦と同時に一人のしょうがい者の親の「慈悲殺」という要請を受ける形でしょうがい者虐殺のT4作戦を開始したのです。殺されたしょうがい者らはドイツ国内で20万人以上、占領地を含めると35万人~50万人と言われています。ユダヤ人のホロコーストの前から行なわれたこの蛮行は一部には知られていましたが、戦後も長く誰も謝罪もしなかったし、賠償もしませんでした。何か今の日本の状況と似ていませんか。

 

 

 

集会には手話通訳があります。またビデオには聴覚しょうがい者向けの字幕が出ます。聴覚しょうがい者のみなさんもぜひご参加くださいますようお願いいたします。

 

11/11(日)14時から16時30分まで(13時30分開場)

 

尼崎小田公民館にて(JR尼崎から北東に徒歩5分)

 

資料代500円

 

主催:11/11集会実行委員会

共催:NPOサニーサイド

    障害者人権擁護センター尼崎

    怒っているぞ!障害者切りすて!ネットワーク関西

1811111


「1811111.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »