« 大フォーラム・兵庫障害フォーラムのチラシができました | トップページ

2021年8月30日 (月)

沖縄の精神科病院でのトリアージ問題

8/30 13時~14時沖縄の障害者・家族団体などによるオンライン記者会見が行われた。
趣旨は沖縄県の専門家会議がコロナ拡大にともなって「トリアージ」指針を議論することを確認したことを受けて、「命の選別」に反対するものだ。
沖縄差別、障害者差別、精神障害者差別、高齢者差別の複合したクラスターが起きているなかで「トリアージ」が議論されること自体危険極まりない。うるま記念病院ではワクチンを一回でも摂取した人が1割程度というなかで精神科病院の構造は事実上のトリアージが行なわれているようなものだ。差別の上の差別という現実を僕たち本土の障害者はどう考えるべきかという問題意識を持ちながら記者会見を聞いた。

以下新聞記事
「命の選択」の指針を議論へ 県の専門家会議が強い危機感 コロナ拡大で医療崩壊の沖縄
2021年8月24日 07:17沖縄タイムス
 沖縄県の新型コロナウイルス対策を議論する23日の専門家会議は、県内が医療崩壊の域にあるとの共通認識の下、患者の治療の優先順位を判断する「トリアージ」の指針を議論する方針を確認した。感染拡大で医療資源が不足する中、現場の医師ら個人に「命の選択」に関わる判断が委ねられる現状に強い危機感が示された。

記者会見を聞いての個人的感想。
明らかになったこと。
・うるま記念病院で亡くなった69人の多くを転院させなかったこと自体がトリアージだ。(転院したのは170人以上の感染者全体のたった20人。)
・知的障害者のワクチン接種は優先される。しかし断った人は多い。副反応が怖くて家族が断る。家族の意思で打つか打たないかが決まる。これは虐待だが説得は難しい。行政の責任で啓発をして欲しい。
・精神科病院の窓は10センチしか開かないところが多い。逃亡防止の観点で閉じ込めている。その上スタッフは少ない。(精神科特例。)窓を開けたらいいのだがしない。デルタ株はエアロゾル感染の疑いが強いから、余計にウイルスを培養するようなものだ。精神科病院に入院させ続けることは感染拡大をもたらす。事実上のトリアージがすでに行なわれている。
以上が明らかになったことだ。
沖縄の精神障害者の家族会のTさんは、戦前からの歴史的な差別、戦後米軍占領下におかれ精神障害者は座敷牢に閉じこめければならなかったという歴史的な差別の問題。第二次世界大戦で日本本国で唯一悲惨な地上戦が戦われ、精神障害になる人が多かったという政治的な本土からの差別の問題が、今回の事態の背後にはあると強調した。今回の沖縄でのクラスターの多発という現実を、僕ら本土の人間は沖縄差別への歴史的な加担を反省的にとらえることの上で見なければならない。障害者だからと言って免れることのできない歴史的な差別への加担という立ち位置だ。
今度の10/31大フォーラムでは沖縄の方が発言する予定だ。僕らはこの立ち位置を踏まえ、どうやって歴史的な差別という関係を乗り越えられるのかを考えるきっかけにしたい。
多くのみなさんのご参加をお願いいたします。

« 大フォーラム・兵庫障害フォーラムのチラシができました | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大フォーラム・兵庫障害フォーラムのチラシができました | トップページ